「美味しそう!」シズル感のあるデザインって?

「美味しそう!」シズル感のあるデザインって?

こんにちは、デザイナーのレミーです。
3月頃からリゾートダイニングMALAM様の「モヒート特集」のメニュー表を制作開始し、ついに今月末完成致しました!
今回は制作してきたデザインとともに、お客様の要望であった「シズル感」について触れていきたいと思います。

1.まずシズル感ってなんだろう?
2.(制作前に)「シズル感溢れる」参考デザイン
3.メニュー表制作開始
4.完成したデザイン
5.まとめ

1.まずシズル感ってなんだろう?

「シズル感たっぷりのメニュー表にして!」と言われたものの、そもそもシズル感って?

英語の擬音語で、肉を焼く時のジュージューいう音のことをシズル(sizzle)と言う。そこから転じて人の感覚を刺激する感じのことを指し、広告やデザインの世界では、瑞々しさというような意味で使われたりする。
引用元:Weblio辞書

つまり、思わず「美味しそう」と言ってしまうような食欲をそそるデザインのことです。

2.(制作前に)「シズル感溢れる」参考デザイン

まずは私がデザインに取り掛かる前に、参考にしたデザインを紹介します。

img

1つめはスターバックス コーヒー ジャパン様のサイトです。実際の商品だけでなく、使用している食品(メロンにクリームが載っている写真)があることで、ユーザーにどんな味なのかを連想させています。
スターバックスは毎回期間限定商品が出るたびに、美味しそうなデザインで人を惹きつけていますよね!

img02

2つめはキリン株式会社様の氷結のポスター。写真のクオリティーが高く、こだわりを感じます。瑞々しさとハジケル感じが伝わってきますね!

3.メニュー表制作開始

さて、「モヒート特集」のメニュー表制作開始です。
写真やフォントのパターンをいくつか出し、意見を聞いてすすめていきました。こちらは、初期のデザイン案です。
初期のデザイン案では、モヒートの写真とフルーツの写真を数種類載せていました。

img04

そのほかに、背景を変えてみたり、フォントを変えて提出しました。

背景や写真を変えたものがこちら。
最初の案から原型はありますが、大分印象が変わりました。

img05

制作してみて、他のページのメニュー表に比べてインパクトがあるのか、「特集」らしさ、ほかのカクテルのメニューと違いがあるのかが問題になってきました。

4.完成したデザイン

修正を重ね、最終的にお客様にOKを貰えたデザインがこちらです。

img05

最初の案よりも、「美味しそう」な感じ伝わりますでしょうか?
3つのポイントを意識すると「シズル感」がぐっと出ました!

わたしが意識した「シズル感」ポイント3つ

1.モヒートに使用される食品を載せる。

(スターバックスのサイトを参考に)モヒートに使用されるミントを散りばめ、フルーツの写真を使用しました。
「この食材が使用されてるから美味しそう!」を狙っています。

2.ダイナミックに写真を使う。

はじめはそれぞれのメニューの写真を並べていましたが、どうしても視線がちらついていました。
思い切って1枚に絞り、1枚に視線がいくようにしています。

3.背景を活かして写真に注目させる。

背景のBARの写真をぼかして、手前にあるモヒートの写真を目立たせています。
BARの雰囲気を出しつつも主役のモヒートを目立たせています。

5.まとめ

飲食物のデザインには、「シズル感」が出ているかどうかは非常に大きなポイントとなっています。
見ているだけで美味しそうに見えて、ユーザーの食欲をそそるデザインをしていきたいですね!


Previous: サイトの顔!メインビジュアルの鉄板レイアウト! Next: とにかくおしゃれ!ミニマルデザインのススメ

© 2017 ALL CONNECT Inc. All Rights Reserved.